FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白」に浸る

2008年10月29日 00:07

ただ、ただ、「白」に魅了される。

0810tokujinn.jpg

吉岡徳仁ディレクション「セカンドネイチャー」  
21_21 DESIGN SIGHTにて2009.1/18まで

メインの展示会場で、天井から垂れ下がる無数の白い糸が幾層にも連なる雲となり、液体に沈められたファイバーが、静かに息をするように、でも着実に成長して、白い結晶に変化をとげてゆく。会場は肌がひんやりする温度と湿度が整えられ、見る者の感じ取るちからを研ぎ澄ませてゆく…。



「白」原研哉展  ギンザグラフィックギャラリーにて10/31まで

地下展示室の撥水加工された紙の上を水が玉になって転がってゆく作品、”つくばい”と”ししおどし”。”つくばい”は21世紀美術館と山代温泉のホテル「無可有」で、”ししおどし”は21_21 DESIGN SIGHTにて行われた「WATER」展で過去に見ているのに、今回また新鮮な驚きをもってこちらの感覚にとびこんでくる。白い紙の上を転がる水の玉に、感情があるように感じてしまう。ぜったいにこの水の玉は、「ワーッ」と叫びながら笑って駆け下りている…はず? 

願わくば、いつまでも見ていたい…。


こちらの展示もよかった!

0810anetto.jpg
「アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち」  森美術館にて11/3まで

0810helvetica.jpg
「ヘルベチカの過去・現在・未来」  ラフォーレミュージアム原宿にて10/28まで
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://strengeplants.blog87.fc2.com/tb.php/12-f56fd8ee
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。